スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

ひとりごと

すっ・・・素晴らしくお久しぶりです
もう季節変わってますからね。
いい加減のレベルが無駄にアップしたと思ってください

さてさて。
連日、東日本大震災関連のニュースがテレビで流れています。
その中でもとりわけ気になるのが“放射能”

分からないと言うのが1番怖いと思って、本を読んでみたり
するのだけれど、やっぱり腑に落ちたような落ちないような
そんな宙ぶらりんな気持ちでいたりします

安心に安全に暮らしたいと思うのは当たり前の事なんだけど、
それを当たり前にしようと思うと、今は知恵だとか色んなものが
必要なんだなぁと。

これから、何十年単位で関わっていかないといけないと思うと
不安は払拭できないのが本音なのかな。


↓以下、少しですがブツブツ書いております。

続きを読む >>

ふと。

また随分と間が空いてしまいました

以前ブログを更新した時から1ヶ月以上経ち、気持ちの面で
少し落ち着いてきました。

やっぱり気持ちの面では何か焦燥感を持ったりしている部分も
あるのかもしれませんが、今は上手に付き合うしか無いなという
気持ちでいます。

ブログとしては、これから、東日本大震災に関しての事も交えつつ、
日常のお気楽ブログへとシフトしていきたいと思います。

本当に、安心な毎日、幸せな毎日が1日でも早く迎えられますように。

PS
ブログパーツ少し更新しました
フィギュアスケート選手、浅田真央ちゃんがチャリティー本を
企画されたそうで、関連のブログパーツを表示しております
詳細は上の猫さんアイコンotherをクリック!


少しだけ。。。

地震からおよそ3週間が経ちました。

地震による被害だけでなく、津波や原子炉からも甚大な被害を
引き起こした今回の大地震。

正直なところ、個人的な心情としてはテレビから流れてくる情報を
しっかりと摑まえておきたいと思う自分と、目を逸らしたい自分がいる…
(ごめんなさい)そんな3週間だった気がします。

それからブログの事。
微力ながら自分に出来る事をと思い、このブログを使って書いた情報。
情報の取捨選択を出来ないのなら載せないと言う勇気も一つ学びました。

(ネットだけでなく)自分が出来る“協力の仕方”を見極めること、それが大切だと
身に染みた次第です。


今回の震災から立ち直っていくには、長い時間が必要でしょう。
その分、労力も要します。

でも、人と人とのふれあいを大事にされていて、“ありがとう”と素直に声に出せる、
そんな温かい人柄の方が沢山いらっしゃる東北を復活させて欲しいと思います。

"All for one , One for all”


東北地方太平洋沖地震 ※拡散情報あり

大丈夫でしょうか?地震。

テレビから流れる映像に驚きと恐怖を感じています。
少しでも多くの人が、温かい場所で安心出来るようにと
思わずにはいられません。

また、少し落ち着いた時に、火災や津波など二次災害による
事故等が起こりやすいので、十分気をつけて下さい。

***

それから、とあるブログにて拡散情報と言う形で地震の際に
参考にすべき事がまとめられていたので、掲載しておきます。

また、今回の被災の有無に関わらず、自分自身はもちろん、
家族や周囲の人々の人名に関わることなので、是非皆さん
ご一読下さい。

なお、ブログ等をお持ちの方は情報の拡散にご協力宜しくお願いします。
(もし内容に変更があればお知らせします。緑色の文字は個人的に追記した部分
もしくは、コメントに書いて下さった情報をプラスした部分です。)

◇更新or訂正箇所抜粋

献血について
赤血球は3週間、血小板は4日を過ぎると廃棄扱いになります。
全血献血の場合男性は3か月、女性は4か月献血できません。
献血のタイミングをずらして長期的な協力が必要です。

ヨウ素の入ったイソジンを飲むのは危険です。
ヨードアレルギーの可能性もあるので、飲んだり皮膚に付着する
ような事は避けてください。
うがい程度にとどめておいて下さい。


↑上記のヨウ素に関して誤まった情報を掲載してしまいました。
多くの方に混乱を招く事を記してしまい大変申し訳ありません。
危険ですので絶対に止めてください。

この記事に関してコメントを下さった方には別記事(一つ下の記事)に返信
させて頂いております。なお、地震に関しての情報をコメントくださっている
場合は掲載していきます
ので、合わせてそちらもご覧下さい。

◇病院関係の情報

岩手県(毎日新聞より) こちら

宮城県仙台市(毎日新聞より) こちら

岩手県 宮城県 山形県 福島県(さきがけ on the webより) こちら



*** 以下、転載です。 *** 《最終追記 3/15 20:31》

以下、救助ボランティアの方からの情報だそうです。

地震が起こったら窓には近付かないでください!!

窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。
窓を開けるのは地震が起きる前か、揺れが収まってから、
窓ガラス割れていないことを確認して開けましょう。
まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。

さらに、お風呂に水を溜めることはしないでください。

水は貴重です。
全家庭が水を大量に使用すると、火災現場や炊き出し等に使う水が不足します。
また、避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため、
水不足が懸念されます。
被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください。
自分のことより全体のことを考え行動してください。

さらに、一番危険なのは米を炊くことです!!

今はまだ余震が続いている状態です。
もし、ガス漏れがあった場合、引火し爆発するおそれがあります。
(米を炊くのはガス漏れの危険性がない地域限定にしましょう)

辛いとは思いますが炊き出しを待ちましょう。
さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です。
また電気が後々不足する事態が予想されます。節電にご協力願います。





X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!

ヒール履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。
ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。
火傷したら広がるから。
ブラジャー、ストッキング、ナプキンがいい止血帯になる。

阪神淡路大震災の時、サランラップがお皿代わりに使えたり、
水がなくても食べ物を汚れた手で食べれたり何かと便利だったそうです。


==================================================================
●避難の際に用意しておくもの

□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(倒壊に巻き込まれた際に最小限の労力で居場所を伝えられ生存率が格段に上がるらしいです)
□ペンライト
□応急セット
□ハンカチ ティッシュ
□サランラップ・ガムテープ

==================================================================
【地震後の対応】

屋内の場合
●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに

●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う

●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意

●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。


屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。

●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。


●電車などの車内
・つり革、手すりに両手でしっかりつかまる。
・勝手に車外へ飛び出さず、係員の指示に従う。

●海岸付近
・海岸からすぐに離れ、高台へ避難する。
【津波から身を守る為のポイント】
津波警報が出たら、ただちに高い場所へ
小さな揺れでも油断しない
津波のスピードは速いので注意
繰り返し襲ってくるので注意
テレビ・ラジオなどで正しい情報を確認

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
電話の使用は極力避けましょう。
緊急の連絡(119,110)で必要としています。
安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットを使いましょう。

スマートフォンで「skype」を使うと、
一般回線にかける負荷が高くなるとのことです
そうなると、消防署や救急などの【緊急通話】にも支障が出るそうなので
もし、アプリで通話したいという場合は下記の2種類もあるとのことです。
【Viber】http://www.viber.com/
【Tango】http://tango.me/
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

中越地震経験者として言えることは、避難してください
地震は大きな余震が何度でもきます
一週間は覚悟してください

家には帰れないと思ってください
帰らないで下さい おねがいします
命より重い財産はありません

倒壊した家屋に戻った結果 余震で怪我をする方が多いんです
災害に乗じて犯罪が増えているようです。
女性を狙った性犯罪(公衆トイレは危険だそうです)
警察と偽る詐欺電話・訪問、空き巣・強盗など
※万一の際にパトカーや救急車などを出動させるには時間が必要となります。
女性を含め、子どもや年配の方が単独行動にならないよう注意して下さい。


停電している家でもブレーカーを落として下さい。
ビニール袋があれば雨水を溜めましょう。
飲めます。
家が壊れていない場合、防犯対策をきっちりとしてください!

建物に赤い紙が貼られているのは「全壊」の判断を受けた建物のようです。
倒壊の恐れがあるので近寄らないで下さい
広い道路の真ん中を歩く。
沢山の人が帰宅します。慌てずに。
出来れば、側にあるビルには入らずに。

安否情報は各携帯会社の伝言板へ。
自分の位置情報を書き込んで下さい

意識を失っている場合むやみに揺すったり名前を読んではいけません!!
地震とか二次災害が起きても慌てずに情報をインターネット・ラジオなどから得ること
嘘の情報も流れている可能性があるのでしっかり見極めて判断すること

みなさん献血に行きましょう。
地震のあった方面では血液が足りなくなる可能性があるそうです。
みなさんにできること。少しでも協力してあげましょう。
献血について
赤血球は3週間、血小板は4日を過ぎると廃棄扱いになります。
全血献血の場合男性は3か月、女性は4か月献血できません。
献血のタイミングをずらして長期的な協力が必要です。

※なお、病院は受け入れ態勢が万全でない所が多く厳しい状態です。
避難所では風邪の予防に努めるようにしましょう。

建物に閉じ込められてる方、
スマートフォンを持ってる方はGPSをオンにしてください!
携帯でGPS機能が付いてる方も!助かる確率が上がります。希望を持って!!


●避難所でのエコノミークラス症候群周知もう一度

「足や足の指をこまめに動かす」
「1時間に1回かかとの上下運動(20〜30回程度)」
「伸び・ストレッチ」
「トイレを控えようと水を飲むことを我慢せず十分水分補給」
「酒は飲まない」
「車中泊は注意」
「ベルトをきつく締めない」
「足を上げて寝る」


================================================================


●災害用伝言ダイヤル「171」

◆被害者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。



通信各社の災害用伝言板は以下の通り

▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

伝言板にメッセージ登録が可能なのは
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県
栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
新潟県、山梨県、長野県
PCからメッセージを確認する場合は
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi


▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZWEBトップメニューか auoneトップから災害用伝言板へ
安否情報の確認は
http://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス
安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html  
災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」

▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html
 ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/
 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai
 アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。
 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/

********************************************
■NHKのネット放送について

テレビが見られない方は、こちらでNHKの生中継が見られます。
NHKのUstreamです。
⇒ http://www.ustream.tv/channel/nhk%E7%B7%8F%E5%90%88%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC

■Googleに東北地方太平洋沖地震の特設ページ

⇒ http://bit.ly/htSVnS

各種情報のまとめ的な内容で、
「災害に関する情報や被害状況をリアルタイムで更新」との事なので、
適宜参照のうえ安全を心がけてください!

■Twitterで見られる地震速報アカウント

緊急地震速報bot【@zishin3255
緊急地震速報【@eew_jp
P2P地震情報【@p2pquake
地震速報【@earthquake_jp
NHK広報局 【@NHK_PR
NHKニュースアカウント 【@nhk_news
日本テレビ放送網 【@nittele_da_bear
TBSのぶうぶ 【@tbs_channel
Fuji News Network 【@FNN_News
asahi 【@asahi
毎日jp編集部 【@mainichijpedit
毎日jpニュース速報 【@mainichijpnews

IBC岩手放送 【@IBC_online
秋田魁新報社 【@sakigake
山形新聞 【@press_yamashin
茨城新聞社 【@ibarakishimbun
河北新報ニュース 【@kahoku_shimpo
エフエム岩手 【@fmiwate
東奥日報 【@toonippo
デーリー東北新聞社 【@daily_tohoku


================================================================


放射線にはヨウソで予防できます。
ヨウ素剤が手に入れられないならイソジンで代用を。
イソジンを飲むのは危険だそうです><
ヨードアレルギーがある方もいらっしゃるらしく、
皮膚に付いたり引用すると大変危険だそうです!!
イソジンはうがいにとどめておいたほうが無難なようです。


コップ一杯に3滴/日。味噌と塩、ごま塩、わかめ 、ひじき、昆布を多めに摂る。
子供に優先的に飲ませてあげてください。大人にはあまり効かないようです。

下痢の時、体調が悪い時、その他今のような災害の時に役立つ
「経口補水塩」の作り方:1リットルの水に砂糖40グラム、
塩3グラムを混ぜるだけ!普通の水の25倍、スポーツドリンクの10倍、
体に吸収されやすいそうです。これで助かった人も大勢います。

透析患者は透析できないと、命に関わります。お願いします。
【血液透析の必要な方】 透析可能病院とベッドの数が記載されています
http://t.co/YymTvBQ 日本透析医会災害情報ネットワーク

近くにエコキュートがあれば水を確保できます。
内部タンクは通常350リットル以上のお湯が確保されていますが、
これは98度以上で保温されており飲み水として安全です。
緊急時はエコキュートタンクに貼られたシールの手順に従い、
水を取り出して使用可能!


================================================================


なお、情報は随時変わることが予想されますので
可能な限り、最新情報はネット等で情報を得るようにとのことです。
テレビを見れない状況の方、ツイッター、スカイプ、ラジオなどで情報を得て下さい。


また、遠くで見守っている私たちも
今すぐにできることのひとつに節電があります。
無駄な電力をなるべく使わない、
使っていない機器のコンセントを抜く、など。
可能な限りの節電をしましょう。
「料理」「洗濯」「風呂(ドライヤー)」の時間をずらすのも効果的。
特に今日の18−20時にご協力下さい。


●義援金について

東北地方太平洋沖地震 義援金のお願い -【グルーポン-GROUPON】
http://www.groupon.jp/cid/7995

[mixi] 「東北地方太平洋沖地震」への義援金募集のお知らせ
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284

インターネット募金「緊急災害募金」 - Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

東北地方太平洋沖地震被害に対する支援について - goo 募金
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

チャリティーコンテンツ(額面選択):@nifty Web募金
http://donation.nifty.com/tokusetsu/service/tokusetsu1/

チャリプラ 東北地方太平洋沖地震、被害救済支援!手数料はチャリプラ&JG全額負担 - JustGiving Japan
http://justgiving.jp/c/1515

fujisan.co.jp 東北地方太平洋沖地震義援金
http://www.fujisan.co.jp/product/1281691773

東北地方太平洋沖地震 義援金のお願い by キラメックス株式会社
http://kaupon.jp/tokyo/deals/gienkin/?uiaid=t

東北地方太平洋沖地震」 義援金 「Piku(ピク)」
http://www.piku.jp/deals/0c5b2f6f-485e-4167-8597-07573d35a0b9


東北地方太平洋沖地震 ※コメントのお返事

 >>beelzさん

コメントありがとうございます。

避難所では集団で人が生活することを余儀なくされている以上、
風邪や体調管理の点でも注意が必要ですし、医療関係の情報も
必要になってきますね。

それから、コメントに書いて下さった単独行動によるリスク等も
今後注意していく必要もあるかと思います。

私も上記の点に気をつけることは大切だと思うので、
出来る範囲ですがブログに情報を掲載していきますね。
今の所、一つ上の記事に緑色で付け足す形にしております。

(もし名前等伏せてほしい場合はコメントにてご連絡下さい。)

| 1/149PAGES | >>