スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

JR福知山線の脱線事故

被害者とJR、埋まらぬ溝=事故後対応に憤り−福知山線事故2年
4月22日15時2分配信 時事通信より引用

107人の死者と562人の負傷者を出した福知山線脱線事故から、25日で満2年を迎える。一部の遺族はJR西日本と示談に応じたが、同社の事故後の対応で傷ついた遺族、負傷者は多い。「どこまで愚弄(ぐろう)するのか」。痛手から立ち直るどころか、溝が深まっているのが現実だ。
 2月21日、被害者とJR西との溝を象徴する「事件」が起こった。引責辞任後にグループ企業に天下りした元役員3人との面会を求め、遺族が居並ぶ同社幹部らの前で土下座した。
 遺族らでつくる「4・25ネットワーク」は2005年6月の設立以来、JR西に事故原因の説明などを求め、何回も交渉を繰り返したが、納得のいく回答は得られなかった。天下りについても、昨年7月に報道で表面化するまで、同社は遺族の問い合わせに回答せず、不信感が一層募った。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..☆.。.:*・°

もう2年経つんですね。
当日の朝、私は朝一で授業に出ていたので、後から大学に来た子たちから聞いて知ったのですが、その時に立った鳥肌の感覚が未だに忘れられません。
562人の亡くなられた方それぞれに夢と大事な家族がいらっしゃって、その日も色んな思いを抱えてその電車に乗られたのだと思うと、何だか居たたまれなくなります。

実際JRの駅を利用すると、旅のポスターを貼る掲示板と同じ扱いで事故に対するお詫びが貼られていて、私は腑に落ちませんでした。
それは、活字で書かれていたからか、体裁のみで貼られていと感じたからかは分かりませんが、お詫びの仕方が違うように思いました。

いずれにしても、遺族の方、(出来れば)亡くなられた方も含めて納得できるような態度だけはしてほしいと思います。




スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック